メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

分娩「集約化」検討を 産科医減少でひずみ=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

コウノドリ

 昨年、無痛分娩(ぶんべん)の事故が報じられました。無痛分娩の適応や方法など、いろいろな立場の人からさまざまな意見が出ましたが、ここではその是非は置いておいて、そもそもお産は安全なのかからお話ししたいと思います。

 結論から言うと、日本はお産に関して最も安全な国です。ユニセフの「世界子供白書2017」によると、妊産婦死亡率(お母さんが亡くなる率)は年間の出生10万人当たり5人、新生児死亡率(生後28日以内に赤ちゃんが亡くなる率)は年間の出生1000人当たり1人です。フィンランドやスウェーデンなど北欧諸国が上位を占めていますが、これらと並んで、日本はお母さんと赤ちゃんの両方とも成績がよい国です。こうした実績があるため、多くの人が「お産で死ぬなんてあり得ない」と考えるのは当然かもしれません。

 では、すべてのお産が皆すんなりいくかというと、そうではありません。日本では分娩250回に1人は生命…

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1287文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです