メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全ガンダム大投票

オルガが作品別キャラ部門で首位 MSはνガンダム

「全ガンダム大投票」の公式サイト

 NHKが実施した、人気アニメ「ガンダム」シリーズの好きな作品、キャラクター、モビルスーツ、楽曲を投票する企画「全ガンダム大投票」の結果が、5日に放送された特番「発表!全ガンダム大投票」(NHK・BSプレミアム)で発表された。キャラクター部門(作品別)は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のオルガ・イツカが首位に輝いた。同部門は、「機動戦士ガンダム」のシャア・アズナブルが2位、「機動戦士Zガンダム」のクワトロ・バジーナ(シャア)が6位、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」のシャアが8位にランクインするなど同じキャラクターがさまざまな作品でランクインしたことから、総合ランキングも発表され、シャアが首位だった。

 アニメ作品部門は「機動戦士ガンダム」、モビルスーツ(メカ)部門は「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」のνガンダム、ガンダムソングス部門は「機動戦士Zガンダム」のオープニングテーマで森口博子さんの「水の星へ愛をこめて」がそれぞれ首位に輝いた。

 同企画では、特設サイトで3月2日~4月20日に投票を受け付け、約174万票が集まった。男性が78%、女性が22%で、年代別は20~29歳が30%で最も多く、40~49歳が27%、30~39歳が26%だった。NHKが、56作品にもおよぶアニメ、2000人以上の登場キャラクター、900以上のモビルスーツ、200曲以上の楽曲を網羅したデータベースを作成したことも話題になった。

アニメ作品トップ10

 1位:機動戦士ガンダム▽2位:機動戦士Zガンダム▽3位:機動戦士ガンダムSEED▽4位:機動戦士ガンダム00▽5位:機動戦士ガンダム 逆襲のシャア▽6位:機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ▽7位:機動戦士ガンダムUC▽8位:機動武闘伝Gガンダム▽9位:

新機動戦記ガンダムW▽10位:機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY

モビルスーツ(メカ)トップ10

 1位:νガンダム(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)▽2位:Zガンダム(機動戦士Zガンダム)▽3位:ストライクフリーダムガンダム(機動戦士ガンダムSEED DESTINY)▽4位:ウイングガンダムゼロ(EW版)(新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)▽5位:フリーダムガンダム(機動戦士ガンダムSEED)▽6位:百式(機動戦士Zガンダム)▽7位:キュベレイ(機動戦士Zガンダム)▽8位:サザビー(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)▽9位:ガンダムF91(機動戦士ガンダムF91)▽10位:ガンダム(機動戦士ガンダム)

キャラクター(作品別)トップ10

 1位:オルガ・イツカ(機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)▽2位:シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム)▽3位:アムロ・レイ(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)▽4位:カミーユ・ビダン(機動戦士Zガンダム)▽5位:アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)▽6位:クワトロ・バジーナ(機動戦士Zガンダム)▽7位:キラ・ヤマト(機動戦士ガンダムSEED)▽8位:シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)▽9位:刹那・F・セイエイ(機動戦士ガンダム00)▽10位:ランバ・ラル(機動戦士ガンダム)

ガンダムソングストップ10

 1位:森口博子さん「水の星へ愛をこめて」(機動戦士Zガンダム)▽2位:井上大輔さん「哀 戦士」(機動戦士ガンダムII 哀・戦士編)▽3位:森口博子さん「ETERNAL WIND -ほほえみは光る風の中」(機動戦士ガンダムF91)▽4位:TM NETWORK「BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~」(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)▽5位:米倉千尋さん「嵐の中で輝いて」(機動戦士ガンダム 第08MS小隊)▽6位:Uruさん「フリージア」(機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)▽7位:TWO-MIX「JUST COMMUNICATION」(新機動戦記ガンダムW)▽8位:井上大輔さん「めぐりあい」(機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編)▽9位:鮎川麻弥さん「Z・刻をこえて」(機動戦士Zガンダム)▽10位:Aimerさん「RE:I AM」(機動戦士ガンダムUC)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]