メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア

各地で大統領に抗議 1500人超が拘束

「プーチンなきロシアを実現しよう!」「やつは我々の皇帝ではない!」などとプーチン大統領を批判するデモ参加者=モスクワ中心部プーシキン広場で2018年5月5日、大前仁撮影

 【モスクワ大前仁】ロシアのプーチン大統領の4度目の就任(7日)を控えた5日、ロシア各地では3月の大統領選挙の結果などに抗議するデモが開かれ、ロイター通信は人権団体の報告として、1575人が警察に拘束されたと報じた。モスクワの抗議集会では、反政権運動を主導してきたナワリヌイ氏も拘束者に含まれている。

 「プーチンなきロシアを実現しよう!」「やつは我々の皇帝ではない!」

 モスクワ中心部のプーシキン広場で開かれたデモの参加者は5日午後(日本時間同日夜)、抗議のスローガンを口々に叫んだ。しかし当局がデモを許可しなかったこともあり、警官隊は開始10分過ぎごろから、プラカードを掲げた参加者などを次々と捕まえた。周囲の参加者からは「恥を知れ!」と怒声が飛ぶが、警官隊は力ずくの拘束劇をやめなかった。

 モスクワのデモに参加した男性のマキシムさん(60)は「3月の大統領選は公正に実施されなかったのでボイコットした。我々のためではなく、プーチンのための選挙だった」と抗議の理由を語った。

 一方、モスクワのデモ会場では、コサックと呼ばれる政権の親衛隊がデモ参加者のプラカードを破ったり、暴力行為を働いたりしていたが、警官隊が止めることはなかった。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  2. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  3. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  4. 岩波書店 「広辞苑」10年ぶり改訂 担当者が明かす知られざる魅力
  5. 広辞苑 10年ぶり改訂 「がっつり、ちゃらい、自撮り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]