連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

“目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
模擬職場で本のインターネット販売に関する訓練をする人たち=東京都千代田区で、佐々木順一撮影
模擬職場で本のインターネット販売に関する訓練をする人たち=東京都千代田区で、佐々木順一撮影

 この春、社会に飛び出した90万人を超える若者は、今も必死に仕事を覚えようとしているだろう。その中で、コミュニケーションが取れない、単純ミスが多い、指示を忘れてしまう--などと、もがいている人もいる。いくら努力しても改善しないなら「発達障害」かもしれない。悩みを抱えた若者に、生きづらさを感じさせない工夫はないのだろうか。【田村彰子】

 若い男性たちが、真剣な表情で上司の話を聞いていた。仕事の打ち合わせにしか見えない。至って普通の職場のようだが、ここは発達障害専門の就労移行支援事業所「Kaien」(本社・東京都)の模擬職場だ。指示通りにビーズを一つずつ袋に詰めたり、古本を実際にインターネットで販売したりして「社会復帰」を目指している。厚生労働省によると、このような事業所の利用者は、約半数が30歳未満の若者だ。

この記事は有料記事です。

残り2417文字(全文2774文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集