メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

伊藤恵 いよいよベートーベンへ 《熱情》と《ワルトシュタイン》録音

=林喜代種撮影

 ピアニストの伊藤恵がベートーベンのピアノソナタ《熱情》と《ワルトシュタイン》をCDに録音した。これまで伊藤は1人ずつの作曲家に長年をかけて取り組んできた。デビューから20年をかけシューマンのピアノ作品を網羅した「シューマニアーナ」シリーズ全13枚のCDを刊行、続いてシューベルトに約10年かけてCD6枚になる「シューベルト ピアノ作品集」をリリースしてきた。そしていよいよベートーベン。しかしそれは、単に作曲家を時代順にさかのぼってきたのではない。伊藤は「シューマンに取り組んでいる間、その曲の奥にある、シューマンが憧れ続けていたシューベルトを見ながら弾いていた」と言う。しかし「シューベルトを弾くことを自分に封印していた。シューベルトのすさまじい孤独に、簡単に触れてはいけないと思ったからです」。

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文1043文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです