メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

伊藤恵 いよいよベートーベンへ 《熱情》と《ワルトシュタイン》録音

=林喜代種撮影

 ピアニストの伊藤恵がベートーベンのピアノソナタ《熱情》と《ワルトシュタイン》をCDに録音した。これまで伊藤は1人ずつの作曲家に長年をかけて取り組んできた。デビューから20年をかけシューマンのピアノ作品を網羅した「シューマニアーナ」シリーズ全13枚のCDを刊行、続いてシューベルトに約10年かけてCD6枚になる「シューベルト ピアノ作品集」をリリースしてきた。そしていよいよベートーベン。しかしそれは、単に作曲家を時代順にさかのぼってきたのではない。伊藤は「シューマンに取り組んでいる間、その曲の奥にある、シューマンが憧れ続けていたシューベルトを見ながら弾いていた」と言う。しかし「シューベルトを弾くことを自分に封印していた。シューベルトのすさまじい孤独に、簡単に触れてはいけないと思ったからです」。

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文1043文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです