連載

Interview

映像や舞台、音楽、文学などで活躍する人に作品への思いをインタビュー。新たな一面がのぞくかも。

連載一覧

Interview

伊藤恵 いよいよベートーベンへ 《熱情》と《ワルトシュタイン》録音

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=林喜代種撮影
=林喜代種撮影

 ピアニストの伊藤恵がベートーベンのピアノソナタ《熱情》と《ワルトシュタイン》をCDに録音した。これまで伊藤は1人ずつの作曲家に長年をかけて取り組んできた。デビューから20年をかけシューマンのピアノ作品を網羅した「シューマニアーナ」シリーズ全13枚のCDを刊行、続いてシューベルトに約10年かけてCD6枚になる「シューベルト ピアノ作品集」をリリースしてきた。そしていよいよベートーベン。しかしそれは、単に作曲家を時代順にさかのぼってきたのではない。伊藤は「シューマンに取り組んでいる間、その曲の奥にある、シューマンが憧れ続けていたシューベルトを見ながら弾いていた」と言う。しかし「シューベルトを弾くことを自分に封印していた。シューベルトのすさまじい孤独に、簡単に触れてはいけないと思ったからです」。

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文1043文字)

あわせて読みたい

注目の特集