メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

千葉雄大 映画「ピーターラビット」吹き替え版、主人公役 おっとり顔して垣根何のその

映画「ピーターラビット」吹き替え版の主人公役を演じた俳優の千葉雄大=大阪市浪速区で、山崎一輝撮影

 映画「ピーターラビット」吹き替え版で、主人公のウサギ・ピーターの声を演じ、主題歌にも初挑戦した。原案となった絵本(ビアトリクス・ポター作)は、誕生から120年近くたった今でも世界中の人々から愛される大ベストセラーだ。

 「お話をいただいた時は『え、ピーター役ですか?』って、すごく驚きました」。映画版のピーターは、かわいくて元気いっぱいだが、ちょっとシニカルな面もあるキャラクター。自身も周囲から「かわいい」と評されることが多く、おっとりした印象を持たれがちだが、「どっちかというと、時間に追われながらも(周囲を)仕切って仕切って生きているタイプ」と分析する。

 アフレコは3日間かけて行われ、ピーターの二面性を表現するため、一つ一つのセリフのトーンにも気を配っ…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文985文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです