メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

千葉雄大 映画「ピーターラビット」吹き替え版、主人公役 おっとり顔して垣根何のその

映画「ピーターラビット」吹き替え版の主人公役を演じた俳優の千葉雄大=大阪市浪速区で、山崎一輝撮影

 映画「ピーターラビット」吹き替え版で、主人公のウサギ・ピーターの声を演じ、主題歌にも初挑戦した。原案となった絵本(ビアトリクス・ポター作)は、誕生から120年近くたった今でも世界中の人々から愛される大ベストセラーだ。

 「お話をいただいた時は『え、ピーター役ですか?』って、すごく驚きました」。映画版のピーターは、かわいくて元気いっぱいだが、ちょっとシニカルな面もあるキャラクター。自身も周囲から「かわいい」と評されることが多く、おっとりした印象を持たれがちだが、「どっちかというと、時間に追われながらも(周囲を)仕切って仕切って生きているタイプ」と分析する。

 アフレコは3日間かけて行われ、ピーターの二面性を表現するため、一つ一つのセリフのトーンにも気を配った。「声の仕事は好き。ただ、声だけで演じるのは、表現するうえでよりエネルギーを使う。終わった後は出し切った感じがあって、ビールがおいしかったです」と笑う。普段は出演作を冷静に見られないというが、「今回は客観的におもしろくて感動しました」と自信を見せる。

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文985文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バイデン大統領が直面する困難な戦い 「事実を重んじる社会の再生」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです