メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

半分、青い。

第5週視聴率18.5%で3週連続大台割れ GWで一休み?

NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」で主演を務める永野芽郁さん

 女優の永野芽郁さんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説「半分、青い。」の第5週「東京、行きたい!」(4月30日~5月5日)の週間平均視聴率が18.5%(以下・関東地区、ビデオリサーチ調べから算出)だったことが7日、明らかになった。3週連続で20%の大台に届かなかった。

 「半分、青い。」は、大ヒットドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系、1996年)などで知られ、“恋愛ドラマの神様”の異名も持つ北川悦吏子さんのオリジナル作品。1971年に岐阜県で生まれ、病気で左耳を失聴したヒロイン・鈴愛(すずめ、永野さん)が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、一大発明を成し遂げるまでの物語。

 第5週「東京、行きたい!」では、秋風(豊川悦司さん)から「弟子にならないか?」と提案された鈴愛は、東京行きを決意。最初は猛反対していた母の晴(松雪泰子さん)も、鈴愛の思いの強さを知り、東京に送り出すことにする。一方、律(佐藤健さん)はセンター試験当日、受験票が入ったクリアファイルが誤って鈴愛の手に渡っていたことに気付くが、鈴愛はそのころ、東京に下見に行くバスの中で……という展開だった。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. そこが聞きたい 「政治劣化」どう克服? 元官房長官・仙谷由人氏
  4. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです