メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府警

酒気帯び運転容疑で警部補逮捕 逃走し事故

 大阪府警は7日、飲酒運転や信号無視をしたとして、府警城東署地域課の警部補、加藤泰浩容疑者(57)=大阪府交野市東倉治5=を道交法違反(酒気帯び運転)などの疑いで逮捕した。「アルコール類は飲んでいない」と容疑を一部否認しているという。

     府警監察室によると、加藤容疑者は非番だった6日午後3時20分ごろ、大阪府枚方市の路上で信号無視し、パトカーから停止を求められたのに約1キロにわたって逃走した。逃走中、街路樹を倒した上、カーブを曲がる際に対向車線にはみ出し、歩道柵に衝突して止まった。顔や胸などに軽傷を負い、病院に搬送された。

     加藤容疑者の呼気から、基準値を超える1リットル中0.3ミリグラムのアルコール分が検出されたため、府警交野署が治療後の7日未明に逮捕した。

     山田吉之監察室長は「捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」としている。【三上健太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
    2. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
    3. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
    4. 岩波書店 「広辞苑」10年ぶり改訂 担当者が明かす知られざる魅力
    5. 広辞苑 10年ぶり改訂 「がっつり、ちゃらい、自撮り」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]