メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪地裁

黄檗宗の住職に背任で懲役6年判決

黄檗宗の寺院「安城寺」=松山市で2016年11月、黒川優撮影

 寺院の土地建物を担保に1億5000万円の融資を受けた不動産会社に損害を与えたとして、背任などの罪に問われた黄檗(おうばく)宗「安城寺」(松山市)の住職、片井徳久被告(57)に対し、大阪地裁(香川徹也裁判長)は7日、懲役6年(求刑・同7年6月)の実刑判決を言い渡した。

 香川裁判長は判決理由で「事件は住職への…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文377文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  3. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです