メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南禅寺

異臭はイノシシ対策スプレーか 直前に散布

南禅寺であった異臭騒ぎで、駆けつけた消防隊員に状況を話す人たち=京都市左京区で2018年5月2日午後0時34分、川平愛撮影

 京都市左京区の南禅寺境内で今月2日、観光客ら24人がのどの痛みなどを訴えた異臭騒ぎがあり、市は7日、近くで市委託業者が散布したイノシシ対策のスプレーが原因とみられると発表した。唐辛子の辛み成分カプサイシンが含まれ刺激臭になったが、人体への悪影響はないという。京都府警川端署は、業務上過失傷害容疑の可能性もあるとみて業者の作業員から事情を聴いている。

 同市の市街地は昨年からイノシシなどが出没するため、南禅寺周辺の山すそに防護柵やセンサーカメラを設置…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです