メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界卓球

日本女子、準Vも一歩前進 初戦制し中国脅かす

 卓球の世界選手権団体戦第7日は5日、スウェーデンのハルムスタードで行われ、47年ぶり9度目の優勝を目指した女子の日本は決勝で中国に1-3で敗れ、3大会連続の銀メダルだった。中国は4大会連続21度目の制覇。

 準決勝まで全員が無敗で勝ち上がった日本は第1試合で伊藤美誠(スターツ)が劉詩雯に3-2で競り勝った。しかし第2試合は平野美宇(日本生命)が丁寧に、第3試合で石川佳純(全農)が朱雨玲に、第4試合は平野が劉詩雯にいずれもストレートで敗れた。

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文791文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]