メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界卓球

日本女子、準Vも一歩前進 初戦制し中国脅かす

 卓球の世界選手権団体戦第7日は5日、スウェーデンのハルムスタードで行われ、47年ぶり9度目の優勝を目指した女子の日本は決勝で中国に1-3で敗れ、3大会連続の銀メダルだった。中国は4大会連続21度目の制覇。

 準決勝まで全員が無敗で勝ち上がった日本は第1試合で伊藤美誠(スターツ)が劉詩雯に3-2で競り勝った。しかし第2試合は平野美宇(日本生命)が丁寧に、第3試合で石川佳純(全農)が朱雨玲に、第4試合は平野が劉詩雯にいずれもストレートで敗れた。

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文791文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 大阪市有識者懇 天王寺動物園「独法化」提言 全国でも初
  4. ORICON NEWS 安室奈美恵、引退前夜に故郷沖縄でライブ 異例のフェス形式「とても光栄」
  5. 台風20号 あす西日本接近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです