メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・トップに聞く

三木俊克・工業所有権情報・研修館理事長

三木俊克氏

中小企業の知的財産の活用を支援

 人口減少下で国内市場の拡大に多くを期待するのは難しい。中小企業も積極的に海外の需要を取り込むべきだ。しかし、現実には、さまざまな困難が伴う。技術や営業秘密の流出防止もそのひとつだ。そうした中で、特許や、ブランド力につながる商標権など知的財産権は、付加価値を生み出す源泉でもある。中小企業の知財戦略をサポートしてきた工業所有権情報・研修館(INPIT、インピット)の三木俊克理事長に、課題と抱負を聞いた。(児玉平生)

 --業務内容と、重点分野を説明してください。

この記事は有料記事です。

残り2753文字(全文2999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 園児をトイレに閉じ込め 東京・足立の認可保育園で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです