メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レバノン総選挙

シーア派が勝利宣言 イラン、勢力拡大か

 【カイロ篠田航一】レバノンで6日、国民議会(1院制、定数128)の総選挙が行われた。隣国シリアの内戦による混乱の影響で議会任期は度々延長され、総選挙は2009年以来9年ぶり。7日夜までの地元メディアの暫定集計によると、イランが支援するイスラム教シーア派組織ヒズボラとその支持勢力が躍進する見通しだ。

 ヒズボラ指導者のナスララ師は7日、「私たちの政治的勝利だ…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです