メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

高畑勲さんと絵本=小国綾子

 「あなたが一番、戦争を身近に感じた体験は何ですか?」。5年前、20歳前後の若者に街頭インタビューをしたことがある。

 一番多かった答えが、高畑勲さんのアニメ映画「火垂(ほた)るの墓」(1988年)だった。「戦争は嫌だとリアルに感じた」「涙が止まらなかった」。学校で見た原爆のビデオよりも修学旅行先の沖縄で聞いた戦争体験よりも、戦争を自分と地続きの存在だと感じたという。

 主人公の清太は14歳。母を空襲で失い、4歳の妹と親戚を頼るが冷たく当たられ、家を出る。池の脇の横穴…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文956文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです