メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

高畑勲さんと絵本=小国綾子

 「あなたが一番、戦争を身近に感じた体験は何ですか?」。5年前、20歳前後の若者に街頭インタビューをしたことがある。

 一番多かった答えが、高畑勲さんのアニメ映画「火垂(ほた)るの墓」(1988年)だった。「戦争は嫌だとリアルに感じた」「涙が止まらなかった」。学校で見た原爆のビデオよりも修学旅行先の沖縄で聞いた戦争体験よりも、戦争を自分と地続きの存在だと感じたという。

 主人公の清太は14歳。母を空襲で失い、4歳の妹と親戚を頼るが冷たく当たられ、家を出る。池の脇の横穴…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文956文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 埼玉栄敗れる 浦学、花咲徳栄など8強 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]