メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・なにコレ!?

「みちのきち 私の一冊」刊行 著名人の「座右の書」紹介

 --これから大人になる君と全ての大人たちへ。人生の先輩たちの熱いささやきが聞こえてくる。著名人109人が1人1冊、自らが人生で影響を受けた「座右の書」を紹介する本がひそかに注目を集めている。その名も「みちのきち 私の一冊」(弘文堂、1944円)。4月25日から一般書店で発売された。

 制作したのは、国学院大学(東京都渋谷区)の有志で集まった若手職員が中心のプロジェクトチーム。

 「この人のお薦めの本が知りたい」と純粋に思った人物をピックアップし直接依頼をした。若者にもっと本を読んでもらいたいというプロジェクトの思いに賛同した109人が快諾し、無償で寄稿してくれた。

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです