メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画

認知症の母介護 千葉のイラストレーター、ありのままの体験描写

歯科診療で泣き叫ぶ母が、終わった途端に笑顔になる一コマ

 Niccoのペンネームで活動するイラストレーター、野島朋子(ともこ)さん(52)=千葉県船橋市=が、若年性アルツハイマー病の母を介護した記録を漫画にした。自宅で介護する父(77)の姿を描写し、ありのままの母を受け入れがたかった自分の気持ちも織り込んだ。野島さんは「読んでくれた方が、自分だけじゃないと思ってくれたらうれしい」と話している。

 出版したのは「母が若年性アルツハイマーになりました。」。「要介護5」だった母を一昨年4月に75歳でみとるまでの記録を描いた。昨年8月までの約8年間に「認知症の人と家族の会 千葉県支部」の会報に連載した作品をまとめたもので、4月12日に発売された。計167ページには介護ならではの重い場面が目立つが、ほほ笑ましいエピソードも顔を出す。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  4. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです