メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

探検家ヘディン

幻の足跡 中央アジア探検の素描、精密模写 来日時に作製、京大で60枚発見

銃を背負った民兵の少年の模写。この絵の原画は失われている=京都大学提供

 シルクロード探検で知られるスウェン・へディン(1865~1952年)が1908年、チベットなどの第3次中央アジア探検の直後に学賓として招かれた旧京都帝大で公開したスケッチの精密な模写60点が約1世紀ぶりに京都大地理学教室で見つかった。へディンは生涯で4000~5000枚のスケッチを残したとされるが、まとまった数の模写は世界でも例がない。原画が失われたものもあり、世界的探検家の業績の全容を知る上で貴重な発見となった。【榊原雅晴】

 2014年初め、文学研究科の田中和子教授(人文地理学)が地理学教室の資料を整理していると、キャビネットから「中央アジア 地形風俗 模写」などと墨書された封筒2通が見つかった。すすけた封筒を開けると、異国の寺院や風景、人物を描いた水彩画やスケッチが無造作に挟まれていた。絵には西川純二、田中善之助ら4人の署名が。退職教授に聞いても由来は不明だったが、生き生きとした絵の魅力に背中を押され、地理学以外の…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1227文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新型コロナ サッカーJ1鳥栖、10人感染

  3. ヒツジ250頭でアマビエ 千葉・マザー牧場でイベント

  4. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです