建築士なりすまし

51歳男性、55件に関与 県発表 /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は7日、建築士の免許を持たない男性が実在する建築士になりすまして設計などに関与した建築物が県内外で計55件判明したと発表した。

 県の発表によると、この男性は脇坂佳幸氏(51)。2013年10月以降、県内の2級建築士とその建築事務所の名前をかたり、県内の戸建て住宅など55件の設計や工事監理を手掛け…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

あわせて読みたい

注目の特集