メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和見ぃつけた

北陸まち歩き/8止 金沢・銭湯 心も開放、みんな友達 /北陸

石川昭和1

 金沢の街を歩いていると、「ゆ」と書かれたのれんや煙突に出くわす。市内では21軒の銭湯が営業していて、近年は地元の常連客だけでなく、国内外の観光客が昔ながらの銭湯文化を楽しんでいるという。その魅力に浸るべく、1軒の銭湯を訪ねた。

 兼六園から徒歩5分の「みろく温泉元湯」。1954年創業の老舗で、77年の改装以来、たたずまいはほとんど変わらない。同じ敷地内で接骨院を営む3代目の宮本孫文(まごふみ)さん(52)が案内してくれた。

 のれんをくぐると、クラシックなスタイルの番台が。女湯の「おかまドライヤー」は40年選手という。脱衣…

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1341文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです