メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車事故

最多は5月 県警、安全運転呼びかけ 「通学慣れが一因」 /長野

 県警交通企画課は、5月を自転車事故防止対策強化期間として、安全運転を呼びかけている。過去5年間、月別に起きた自転車事故の平均は、5月が最も多い100件。同課は「通学に慣れ始めた学生の気持ちに緩みが生じるのが一因」と分析する。

 2017年の自転車事故による死者は8人(前年比増減なし)、負傷者は912人(同40人減)。負傷者のうち、小学生は37人(同13人減)▽中学生は62人(同7人増)▽高校生は285人(同9人減)--となっている。高…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです