大門商店街アーケード

解体工事始まる 津 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 津市大門にある「大門商店街」のアーケードの解体工事が7日、始まった。劣化調査で「震度5強の揺れに耐えられない」と指摘され、解体に踏み切った。1964年に設置され、高さ約8メートルで総延長300メートルを超える商店街のシンボルとなったアーケードの解体に、市民からは惜しむ声も出ている。

 午前8時半、解体作業員らがクレーン車などに乗り、高さ8メートルの天井に取り付けられた…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

あわせて読みたい

注目の特集