メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大門商店街アーケード

解体工事始まる 津 /三重

 津市大門にある「大門商店街」のアーケードの解体工事が7日、始まった。劣化調査で「震度5強の揺れに耐えられない」と指摘され、解体に踏み切った。1964年に設置され、高さ約8メートルで総延長300メートルを超える商店街のシンボルとなったアーケードの解体に、市民からは惜しむ声も出ている。

 午前8時半、解体作業員らがクレーン車などに乗り、高さ8メートルの天井に取り付けられた…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  2. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  3. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  4. 帰国者の今後 症状ない人もウイルス検査へ 検疫体制さらに特別対応

  5. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです