メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一般廃棄物

ごみのリサイクル率低下 ペーパーレス化で総量減少 県内18.7%、全国平均下回る /香川

香川県と全国の一般廃棄物のリサイクル率の推移

 県内で一般廃棄物(ごみ)のリサイクル率が低下している。2016年度は18・7%と10年前から1・8ポイント下がり、20年度に24%まで引き上げるとする県の目標達成は難しい情勢だ。県は「ペーパーレス化などでリサイクルできる物が減ってきているため」と説明するが、全国平均を上回るペースでリサイクル率は落ち込んでいる。【岩崎邦宏】

 県廃棄物対策課によると、県内で16年度に排出されたごみの総量は前年度より0・6万トン少ない31・8…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです