メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

新感染症、流行期なの? 「ヒトメタニューモ」熱とせき主症状=回答・田村佳子

ヒトメタニューモウイルスの電子顕微鏡写真(大阪健康安全基盤研究所提供)

 なるほドリ お友達の保育園で聞いたことのないウイルスが流行したそうだよ。ヒトメ……。

 記者 ヒトメタニューモウイルスですね。2001年に発見されたのでなじみが薄(うす)いかもしれません。迅速診断(じんそくしんだん)キットが14年、肺炎(はいえん)の疑(うたが)いのある5歳(さい)以下の子供に対して公的医療保険(こうてきいりょうほけん)の適用対象(てきようたいしょう)になり、知られてきました。感染(かんせん)しても1度で免疫(めんえき)はつかず、何度もかかるとみられます。流行期は3~6月ごろです。

 Q 今ごろだね。どんな症状(しょうじょう)が出るの?

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文927文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  3. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  4. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]