メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マレーシア総選挙

あす 「弟子」か92歳返り咲きか

サッカー場で開かれた支持者集会に詰め掛けた市民を前に演説するマハティール氏=クアラルンプール近郊で2018年5月6日、武内彩撮影

 【クアラルンプール武内彩】マレーシア連邦下院の総選挙(定数222)が9日、投開票される。独立以来60年以上にわたり政権を担ってきた与党連合は、ナジブ首相の巨額の汚職疑惑や物価上昇への不満などで求心力が低下。一方、かつての「弟子」であるナジブ氏と決別したマハティール元首相(92)は、圧倒的な知名度で野党連合の支持を広げる。選挙区割りなどの影響で与党優勢は動かないとの見方が強いものの、接戦が続いている。

 「レフォルマシ(改革)! レフォルマシ!」。クアラルンプール近郊のサッカー場で6日に開かれた野党連…

この記事は有料記事です。

残り1610文字(全文1862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです