メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
経済観測

マクロン訪米とイラン合意の行方=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 マクロン仏大統領の4月下旬の3日間にわたる訪米の最大の目的は、トランプ米大統領が5月12日を期限とするイランとの核合意枠組みからの離脱阻止だった。

 マクロン氏は4月25日に米上下両院合同会議で「もし国際枠組みをわれわれが軽視すれば、隙間(すきま)を埋めるのは専制国家群となろう」と述べ、2025年までイランに核開発を抑制させ、他方でイランへの経済制裁解除を約束する核合意枠組み継続の重要性に言及した。

 トランプ氏との会談では、イランに対して追加的な規制を迫るとした。シリアでのイラン兵による軍事展開の…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文701文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです