メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中根」の目・データが語る

@大学 「中根」の目・データが語る 志願者連続増の私大1位 福岡工大

志願者を増やし続けている私立大

 今春の一般入試で、最も志願者を集めたのは5年連続トップとなった近畿大だ。その数は15万6225人。15万人超えは1992年の早稲田大以来、26年ぶり。近大は6年連続で志願者を増やし、その勢いはとどまるところを知らない。

 そうした中で、12年連続で志願者を増やし続けている大学がある。福岡工業大である。国立の九州工業大学長から福岡工大に転じた下村輝夫学長が教職員の先頭に立ち、面倒見の良さやキャリア支援に力を入れている。入学してくる学生のレベルも着実に上がり、福岡地区の私立大で西南学院大や福岡大に続くポジションを獲得しつつある。

 受験生のニーズをとらえた入試や学部改革、キャンパス再配置などを継続的に行っている龍谷大や桃山学院大なども、志願者を増やし続けている。【大学センター長・中根正義】

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです