メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

鶴竜「苦しい経験、結果に」 記念撮影で「優勝実感」

春場所で優勝を果たし、優勝額の撮影後のインタビューで話す横綱鶴竜=松田嘉徳撮影

 大相撲夏場所は13日、東京・両国国技館で初日を迎え、3月の春場所で8場所ぶり4回目の優勝を飾った横綱・鶴竜(32)=モンゴル出身、井筒部屋=が自身初の連覇に挑む。昨年は6場所中5場所で休場し、進退も取りざたされた。苦しい日々を乗り越え、復活優勝を果たした鶴竜。毎日新聞社から贈呈される優勝額の写真撮影時にインタビューに応じ、夏場所への意気込みや、親方になる場合は自分の部屋を構えたいという、将来に向けての思いなどを語った。【聞き手・飯山太郎】

この記事は有料記事です。

残り1007文字(全文1229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです