連載

くらしナビ・カルチャー

毎日新聞デジタルの「くらしナビ・カルチャー」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

くらしナビ・カルチャー

参拝ブームなのに、楽ならぬ台所 世界遺産の寺社、拝観料続々値上げ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
拝観料が100円値上げされた東大寺の大仏殿。外国人観光客の姿も目立つ=奈良市で、花澤茂人撮影
拝観料が100円値上げされた東大寺の大仏殿。外国人観光客の姿も目立つ=奈良市で、花澤茂人撮影

少子化で修学旅行生減→収入減に直結 いたずら相次ぎ災害も→対策で支出増

 古くから信仰を集める一方で、多くの観光客も引きつける神社仏閣で近年、拝観料を値上げする動きが相次いでいる。今年1月には東大寺や興福寺(いずれも奈良市)が値上げするなど、関西の世界遺産に登録されている寺社だけでもこの4年で少なくとも9カ所が踏み切った。背景に何があるのか。値上げの現場を歩いた。【花澤茂人】

 「100円でも、積み重なるとつらい」。外国人観光客らであふれる東大寺大仏殿の前で、大阪府松原市から来た50代女性はそう嘆いた。東大寺は1月、大仏殿や法華堂などの拝観料を500円から600円に引き上げた。値上げは17年ぶりで、寺側は「史跡整備費や、お堂の修理、修繕費確保のため」と理解を求める。3年前に大仏殿で油のような液体がまかれたこともあり、防犯対策への出費も必要という。女性は「理解できるけれど…

この記事は有料記事です。

残り1817文字(全文2205文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集