メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

任天堂

「スイッチ」オンラインサービス発表

任天堂の「ニンテンドースイッチ」=東京都江東区の東京ビッグサイトで2017年1月13日、内藤絵美撮影

 任天堂は8日、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」向け有料オンラインサービス「Nintendo Switch Online」を9月から開始すると発表した。

 同サービスには「オンラインプレイ」「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」「セーブデータお預かり」「スマートフォン向けアプリ」「加入者限定特典」などの機能がある。インターネットを通じて対戦プレイなどができる「オンラインプレイ」はこれまで無料で提供していたが、有料化する。

 「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」は、ファミコン向けゲームを楽しめるサービスで、サービス開始時には「スーパーマリオブラザーズ」「サッカー」「ドクターマリオ」など20本のソフトが遊べる。ソフトは定期的に追加される予定。

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. レバノン首都爆発、30万人帰宅できず 死者137人、負傷者5000人超に

  3. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  4. 首相、お盆帰省「注意を」 緊急事態宣言「状況にない」 広島で会見

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです