メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟県警

線路に女児遺体、殺害か 事前に死亡の疑い

事件現場の位置

捜査本部設置へ

 7日午後10時半ごろ、新潟市西区青山水道のJR越後線青山-小針間の線路内で、新発田発内野行き普通電車に小学生とみられる女児がはねられ、死亡が確認された。捜査関係者によると、検視結果や現場の状況などから女児ははねられる前にすでに死亡していた疑いがある。殺害された可能性もあるという。新潟県警は8日午後にも殺人容疑を視野に捜査本部を設置し、捜査を進める。

 県警新潟西署によると同区の住民から7日夕に「小学2年の娘が学校から戻らない」との相談があった。同署は亡くなった女児とみて確認を急いでいる。

 同署によると、電車の運転士は「線路内で女児が横たわっているのに気付き急ブレーキをかけたが、間に合わなかった」と話している。近くには女児のものとみられるランドセルがあった。

 現場はJR小針駅から北東に約500メートルの住宅街。金属製の柵があるが、出入りすることは可能という。JR東日本などによると、この事故で上下線計7本が運休・遅延し、約1400人に影響が出た。乗客約170人にけがはなかった。【北村秀徳、井口彩】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  2. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  3. ローソン 冷凍「たい焼き」に「今川焼き」混入 回収へ
  4. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  5. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]