メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外熊谷、国内観測史上最高の41・1度
旧優生保護法

強制不妊、夫も原告に「家族の権利侵害」

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術が繰り返された問題で、手術を受けて提訴を予定している北海道の70代女性に加え、その夫も国に損害賠償を求めて原告に加わる方針であることが8日、関係者への取材で分かった。「家族として子どもを産み育てる権利が侵害された」として、17日にも札幌地裁に提訴する予定。手術を受けた本人以外に家族が原告となれば全国初。17日に提訴するのは宮城県や東京都などの男女も含め、計5人になる見通し。

 関係者によると、女性は知的障害を理由に、人工妊娠中絶手術をした上で、不妊手術を受けさせられた。女性…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文791文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
  2. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]