出版

認知症の母を介護、漫画に ありのままの体験描写

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
歯科診療で泣き叫ぶ母が、終わった途端に笑顔になる一コマ
歯科診療で泣き叫ぶ母が、終わった途端に笑顔になる一コマ

千葉のイラストレーター

 Niccoのペンネームで活動するイラストレーター、野島朋子(ともこ)さん(52)=千葉県船橋市=が、若年性アルツハイマー病の母を介護した記録を漫画にした。自宅で介護する父(77)の姿を描写し、ありのままの母を受け入れがたかった自分の気持ちも織り込んだ。野島さんは「読んでくれた方が、自分だけじゃないと思ってくれたらうれしい」と話している。

 出版したのは「母が若年性アルツハイマーになりました。」。「要介護5」だった母を一昨年4月に75歳でみとるまでの記録を描いた。昨年8月までの約8年間に「認知症の人と家族の会 千葉県支部」の会報に連載した作品をまとめたもので、4月12日に発売された。計167ページには介護ならではの重い場面が目立つが、ほほ笑ましいエピソードも顔を出す。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文878文字)

あわせて読みたい

注目の特集