メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民民主党

略称「国民党」 「変な名前」不参加の遠因?

国民民主党に関連する議員の離合集散

 希望の党と民進党による新党「国民民主党」は8日、総務省に略称「国民党」で届け出る予定だ。国民党と民進党はいずれも台湾の2大政党の名前。結果的にリベラルなイメージもある民進党から保守のイメージが強い国民党に党名が変更される形になったことには、ちぐはぐ感も漂っている。

 民進党の大塚耕平代表は新党設立大会で「…

この記事は有料記事です。

残り98文字(全文251文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議は問題あるが…それでも小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです