メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

日米首脳会談 貿易・投資協議に新たな枠組み

日米首脳会談後に記者会見をする安倍晋三首相(左)とトランプ大統領=米フロリダ州で4月18日、AP/アフロ

対中国の経済、安保政策で欠かせない連携強化

 北朝鮮の非核化と並び4月の日米首脳会談で注目されたのは、米国の通商政策に、日本としてどう対応していくかだった。11月の米中間選挙をにらみトランプ大統領は、貿易問題で有権者にアピールする材料が必要で、日本からも何らかの譲歩を勝ち取りたい。一方、日本側は、国際ルール違反の保護主義的措置を受け入れるわけにはいかない。しかし、安全保障も含めた日米関係を考えると、ゼロ回答のままも難しいのが実情だ。そこで、日米間で貿易と投資について協議する新たな枠組みを設け、落としどころを探ることになった。

 貿易問題でトランプ政権の最大の標的が中国であるのは明白だ。日米間での通商摩擦が激しかった1980年…

この記事は有料記事です。

残り2288文字(全文2602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです