メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

町村議会 「集中専門型」と「多数参画型」提案

野田聖子総務相(右)に報告書を手渡す「町村議会のあり方に関する研究会」座長の小田切徳美明治大教授=総務省で2018年3月26日

議員のなり手不足対策 総務省研究会

 議員のなり手不足が深刻な町村議会について、総務省の研究会は議会存続に向けた報告書をまとめた。少数の専業的議員で構成する「集中専門型」と、請負禁止を緩和するなどして多くの非専業議員で構成する「多数参画型」の新たな議会案を打ち出し、現行制度と併せた3タイプの中から選択できるよう提言。今後、地方制度調査会で具体的な制度を検討する。

 町村議会の在り方論議は、人口約400人と離島を除いて全国で最も人口が少ない高知県大川村が2017年…

この記事は有料記事です。

残り2345文字(全文2576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです