メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・視点

慶応大大学院システムデザイン・マネジメント研究科特任教授  林美香子

林美香子氏

農都共生 情報、人材、経済の循環が活力を生む

 日本では、急激な都市化や工業化、縦割り行政の影響などもあり、これまでは農村と都市の地域政策を個別に考えることが多かった。しかし、地域活性化のためには、農村と都市をトータルに捉える「農都共生=農村と都市の共生」が大切と考えている。

 農家の人たちが運営する農産直売所・農家民宿・農家レストラン・農業体験などで、都会の人たちが、グリーンツーリズム(農村地帯で過ごす休暇)を楽しみ、交流や連携を重ね、農村と都市の相互理解を深めていくことが、農都共生の推進につながり、農村と都市双方の地域活性化に力を発揮する。

 都市住民のライフスタイルが変化し、「物質的豊かさ」より「心の豊かさ」を重視する人や、レジャー・余暇…

この記事は有料記事です。

残り2368文字(全文2691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

  5. GSOMIA失効回避も 日韓経済の回復遠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです