メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・あしたの日本へ

公益財団法人日本生産性本部理事長・前田和敬さん

前田和敬さん

人口減少時代の新たな生産性運動展開

 日本経済は長い低迷から衰退へ--。日本生産性本部は労働生産性の国際比較からそのように警告し、世界史に例を見ない超高齢化と人口減少時代を迎えた今こそ新たな生産性運動の必要性を強調する。昨年理事長に就任した前田和敬氏は戦後体制が行き詰まった1980年代から政財界、労働組合、学識者のネットワークの中でさまざまな改革の裏方として尽力してきた。「持続可能な社会」に向けて取り組むべき課題と体制づくりについて聞いた。(聞き手 本誌・本谷夏樹)

 --戦後の高度経済成長を成し得た過程で生産性運動の果たした功績は大きかったですね。

この記事は有料記事です。

残り2654文字(全文2930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  4. 桜を見る会関連支払い「不足」 市民団体、公選法違反容疑で首相告発へ

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです