メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

日本の食が狙われる 「種子法」廃止と安倍政権の規制改革 「金もうけの道具」にも

たっぷりと穂をつけた水稲。日本の原風景の一つだが、種子法の廃止により、中山間地での稲作継続に黄信号がともっている=徳島県神山町で

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案や働き方改革関連法案など、安倍晋三政権が進める「規制改革」に、反対論が続出するのはなぜか。「もうけたい側」に都合が良い一方で、困る人がたくさん生まれるからではないか。今年4月の種子法廃止も、似た構図となっている。【石塚孝志】

 種子法の正式名称は、主要農作物種子法。国が米、麦、大豆について、地域ごとの環境に応じて優良な種を生産・普及するよう都道府県に義務付け、予算は国が持った。日本は南北に長く、耕作地も中山間地から平野まで多様だからだ。同法では、他の品種が混ざらないように種を生産するほ場(田や畑)の指定なども義務付けた。

 法律ができた時代背景を確認したい。制定されたのは、サンフランシスコ講和条約が発効し、日本が主権を回…

この記事は有料記事です。

残り2261文字(全文2595文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです