メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

町田康さん 笑いニルバーナの境地へ 連作集『湖畔の愛』刊行

インタビューに応じる作家の町田康さん=大原一城撮影

 作家の町田康さんが『湖畔の愛』(新潮社)を刊行した。湖のそばに建つ老舗ホテルのロビーを主な舞台にした連作集。支配人やスタッフ、宿泊客が繰り広げるドタバタを冗舌な文体で表現し、次々と笑いを誘う。「喜劇を小説として展開したかった。笑いの先に見えるニルバーナ(涅槃(ねはん))に、たゆたっていただければ」と確信ありげだ。

この記事は有料記事です。

残り1365文字(全文1523文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです