捜査資料

SNSに 大分東署員紛失、拾った女性が投稿

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大分県警大分東署の30代巡査部長が交通事故の捜査資料を紛失し、拾った女性がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に書類の写真を投稿していたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。書類の写真は個人名が判別でき、女性のフェイスブックに登録する約30人が閲覧できる状態だった。投稿内容の拡散は…

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文325文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集