メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定期演奏会

激動20世紀照らす歌を 里井宏次&ザ・タロー・シンガーズ 大阪・豊中

 全国でも珍しいプロのア・カペラ(無伴奏)室内混声合唱団「里井宏次&ザ・タロー・シンガーズ」の定期演奏会が6月2日、大阪府の豊中市立文化芸術センターで開かれる。「20世紀のア・カペラ光を求めて」をテーマに、激動の時代を生きた作曲家を取り上げる。

 主宰で、指揮をする里井は「第一次、第二次世界大戦を両方体験した作曲家も多く、少なからず作品に影響している。テロや核など世界的に不安定な時代だからこそ、光を求めて創作された作品を紹介したい」と語る。前半は米国特集。今年生誕100年を迎えるバーンスタインの「ザ・ラーク」より第2部のほか、葬送や慰霊の場でよく使われるバーバーの「アダージョ」を合唱曲に編曲した「アニュス・デイ」などを披露する。

 後半は1940年前後に書かれた欧州の作品を集めた。なかでも仏のプーランクは、2008年に「人間の顔…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです