メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定期演奏会

激動20世紀照らす歌を 里井宏次&ザ・タロー・シンガーズ 大阪・豊中

 全国でも珍しいプロのア・カペラ(無伴奏)室内混声合唱団「里井宏次&ザ・タロー・シンガーズ」の定期演奏会が6月2日、大阪府の豊中市立文化芸術センターで開かれる。「20世紀のア・カペラ光を求めて」をテーマに、激動の時代を生きた作曲家を取り上げる。

 主宰で、指揮をする里井は「第一次、第二次世界大戦を両方体験した作曲家も多く、少なからず作品に影響している。テロや核など世界的に不安定な時代だからこそ、光を求めて創作された作品を紹介したい」と語る。前半は米国特集。今年生誕100年を迎えるバーンスタインの「ザ・ラーク」より第2部のほか、葬送や慰霊の場でよく使われるバーバーの「アダージョ」を合唱曲に編曲した「アニュス・デイ」などを披露する。

 後半は1940年前後に書かれた欧州の作品を集めた。なかでも仏のプーランクは、2008年に「人間の顔…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文802文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです