メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨

島らっきょうで再起 被災した福岡・朝倉の畑、泥と闘い収穫間近

 昨年7月の九州北部豪雨で被災した福岡県朝倉市内の畑で、農家や地域の再起を目指して植えた島らっきょうが順調に育っている。朝倉市出身で大分県臼杵市の会社代表、石橋浩二さん(49)が、荒れた土壌にも強い島らっきょうの特性に着目して始めた取り組み。13日に初の収穫祭を開く予定で、石橋さんは「息の長い支援につなげたい」と話す。【青木絵美】

 5月初旬、同市大庭の石橋さんの伯母夫婦の畑と、隣接する高齢農家の畑計約1ヘクタールには島らっきょう…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです