メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく彩発見/宮城

タケノコやキャラブキ…=橋本建哉さん /宮城

 <TOUHOKU SAIHAKKEN>

春のうまいもの続々 橋本建哉さん(宮城県産業技術総合センター総括研究員)

 4月も半ばを過ぎたある日、仕事を終えて家に帰るとちょうどタケノコを炊いていた。宮城でタケノコというと、田植えの頃のイメージ。ずいぶん早いと思ったが、4月19日の本紙宮城県版を見ると、丸森町で4月18日にタケノコ初出荷の記事が。春先暖かかったせいで生育が早かったのだという。

 地物のタケノコは、魚と同様鮮度が命。日にちがたつとアクが強くなり、米ぬかと一緒に湯がかないとエグ味…

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1302文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  2. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  3. フジ三田友梨佳アナ、磯野貴理子の離婚理由に「女性として一番言われてつらい言葉」(スポニチ)
  4. 即位とは何か 天皇の血筋が意味するもの
  5. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです