メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「ある町の高い煙突」 高萩で撮影 日立鉱山巡る人間ドラマ /茨城

 直木賞作家、新田次郎さんが、明治から大正期の日立鉱山を舞台に書いた小説「ある町の高い煙突」を原作にした映画の撮影が7日、高萩市内で行われ、ロケ風景が報道陣に公開された。

 映画は日立鉱山の煙害問題と大煙突建設を巡る地元住民と鉱山側の人間ドラマを描いている。

 撮影は6日から本格的にスタート。主人公の住民側リーダー、関根三郎を演じる俳優の井手麻渡(あさと)さん(28)が、仲代達矢さん(85)演じる祖父の墓前で煙害問題に立ち…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行き場のない「核のごみ」 国内最終処分、議論も始まらず
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 大阪市立科学館 リニューアル リアルな星空を再現 高性能の投影機話題に /大阪
  4. 被爆遺構の本格発掘始まる 広島平和記念公園内
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです