メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古墳

郷土の歴史ロマン感じて 瑞浪・明世小20人、初見学 /岐阜

 瑞浪市立明世小学校6年の児童20人が8日、同市明世町山野内の「戸狩荒神塚古墳」と「戸狩横穴古墳群」を見学。市教育委員会が社会科の授業として初めて実施した。

 市内は土岐川沿いの北部丘陵地を中心に、古墳時代の円墳約100基と、横穴墳約50基が現存する歴史遺産の宝庫。中央自動車道瑞浪インター南側にある「戸狩荒神塚古墳」と「戸狩横穴古墳群」は、東西に約100メートルの近距離に造られ、原形の状態がよく残っていることから、いずれも県史跡に指定…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  2. 西日本豪雨 ボランティアで暑さと闘う注意点
  3. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  4. 猛暑 校外学習の小1男児が熱射病で死亡 愛知・豊田
  5. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]