メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

鉱山開発で環境破壊、エクアドルの自然守ろう あすから下京で /京都

 南米エクアドルで鉱山開発による環境破壊に脅かされる住民たちと連帯を続ける京都などの市民グループが、10日から京都市下京区の「ひと・まち交流館 京都」で写真展「INTAG~命の森を守り暮らす人々」を開催する。17日まで(15日は休館)入場無料で、13日午後2時からトークイベントもある。

 生態系豊かな霧雲林が広がる同国のインタグ地方では同国とチリの開発公社により銅やモリブデンの試掘が進められ、住民の居住区を含む8割の土地がさまざまな鉱山企業の採掘対象…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです