メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

カストロ、アフガン、板門店… 世界の半世紀捉えた60点 長島義明さん、尼崎で17日まで /兵庫

作品について語る長島義明さん=兵庫県尼崎市東難波町の画廊喫茶「蜜」で、高尾具成撮影

 キューバの故フィデル・カストロ元国家評議会議長などの著名人から市井の人々まで、半世紀にわたって世界100カ国以上で撮影を続けてきた写真家、長島義明さん(75)=芦屋市=の作品展が尼崎市東難波町5の画廊喫茶「蜜」で開かれている。【高尾具成】

 長島さんは大阪府門真市から芦屋に移り住んで約2年半。この間に捉えた芦屋川に飛来するサギなどの直近に撮影した写真に加え、20歳代の頃…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです