メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧松本邸

宝塚の国登録有形文化財 14~20日、一般公開 館内解説や演奏会も /兵庫

一般公開される旧松本邸=宝塚市立中央図書館市史資料室提供

 国登録有形文化財で近代の洋風住宅を伝える宝塚市立中央図書館桜ガ丘資料室「旧松本邸」(市桜ガ丘3)が14~20日、一般公開される。阪神大震災でも損傷が少なかった耐震性のある構造が特徴で、県ヘリテージマネジャーらによる館内解説やミニコンサートもある。

 旧松本邸は神戸の貿易商だった土井内蔵(くら)氏(1883~1969年)の邸宅として1937年に建てられ、娘婿の松本安弘氏(1929~2001年)の遺言で宝塚市に寄贈された…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突 双方に民間人を含む死傷者

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. 新型コロナ、感染しやすさに地域・民族差なし 遺伝子レベル分析 北大研究チーム

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです