メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新酒

つなぐ「郷の心」 北海道・新十津川とのブレンド米原料 /奈良

「郷の心」の新酒を手にする奈良県十津川村の更谷慈禧村長(右から2人目)ら関係者=同村で、栗栖健撮影

 十津川村と1889(明治22)年の大水害の後、村民が北海道に移住して開いた新十津川町のブレンド米を原料にした酒「郷(さと)の心」の今年の新酒が出来上がり、醸造元の金滴酒造(新十津川町)が更谷慈禧村長らに披露した。129年間続く両町村の交流を象徴する今年の味は「まろやかでやさしい」という。

 新十津川で厳しい開拓生活を始めた村人たちは当時、10年間の禁酒を申し合わせた。金滴酒造は入植16年後の創業で、2…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです