メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害時保健マニュアル

県と奈良市、作成 熊本の教訓、平時も意識を /奈良

熊本地震の際に、保健活動を協議する応援の保健師ら=熊本県御船町保健センターで2016年4月29日、奈良県提供

 2016年4月に起こった熊本地震の被災地で活動した県と奈良市の保健師らが、「県災害時保健活動マニュアル」を作成した。これまで全国保健師長会(東京都)が作成したマニュアルを熊本にも持参していたが、経験を人材育成に生かすとともに周囲の理解を深める狙い。県の担当者は「熊本で得た教訓は平常時から意識して備えることの大事さ。災害時にスムーズに活動できるように態勢を整えたい」としている。【新宮達】

 熊本地震で県は、医師や看護師らで構成する災害派遣医療チーム(DMAT)などとは別に、保健師36人と…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  3. ORICON NEWS 吉田沙保里さん、ファンの声で引退実感「肩の荷が下りた」 20年ぶりの市販薬の効き目に驚き
  4. 大坂なおみの肌を白く表現したPRアニメ  日清食品が削除し謝罪  米マネジメント会社も削除要請
  5. 大坂なおみ、世界ランク1位の条件 WTA公式サイトが伝える

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです